{@ member.stage_name @}会員 {@ member.active_points @}ポイント
{@ member.last_name @} {@ member.first_name @} 様こんにちは

岡製作所

岡製作所

岡製作所 外観

創業は昭和5年。岡製作所は大川で最も長い歴史を持つ老舗メーカーの1つです。ちゃぶ台製作からはじまり、学習机やベビーダンス、チェストなど子ども向け商品を手がけ、現在は棚物、箱物を中心とした総合的なメーカーとして種々の製品づくりを行います。

モットーは「信用第一」。「お客様に信頼される商品を提供することが、当社のコンセプトです」。


第一の信用は、長年培ってきた家具造りにおける豊富な経験。第二にその経験を活かし、お客様のニーズに即した商品開発をタイムリーに実践すること。エンドユーザーが求めるものは何か――常にアンテナを張り巡らしているという岡社長。「資材、加工、メーカー、物流まで、各分野の方々から情報を集め、デザインや機能、品質、価格など様々な面を総合的に取り入れた商品開発を行っています」。

現在は、素材感のある無垢材を使用したテレビボードやリビング系の棚物が主力商品です。昨年10月に開催された「OOKAWA The Future Furniture 2015 第25回住空間デザインコンペ」で福岡県知事賞を受賞したテレビボードをはじめ、伸縮や可動といった機能性、また和風モダンといったデザイン性に優れた製品で、高い評価を得ています。


岡製作所 製品

●見えない部分までも細かい配慮を
岡製作所 細部


40年ほど前を振り返ると時代は高度成長期で、ベビーダンスや学習机といった子ども向け家具が主力商品でした。お子様も安心して使えるという思いを表したリンゴマーク付きの「LOVELY GOODS」という当時の呼称も今に受け継ぎ、またその思いも現在に形づくられます。材料や塗料の安全面、さらには見えない部分までも細かい配慮がなされています。

「湿気が多い日本では、どうしても壁面や床面から湿気を吸ってしまいます。圧縮木材は湿気を吸いやすいので、当社では壁や床に接触する部分は無垢の心材などを使ってカビの発生を予防しています」。

見えない部分にまでコストをかける分、アイデア面でコスト削減に努めます。例えば、引き出しのデザインに端材を用いて材料のロスを減らすなど、価格に反映されるだけでなく、環境にも優しい工夫がされているのです。


「大川は箱物、棚物に強い産地ですが、いまそこが売れない部門になってしまっています。そこをもう一度強化していきたい。そのためにも多くの人と情報交換をしていく必要性があります」。

大川の将来を考え、伝統・技術を次世代に引き継げるよう、3年前から年間2人ずつの若手雇用も始めたといいます。自社のみならず大川の将来を見据えた戦略。老舗の矜持、心意気がうかがえました。


岡製作所 職人

並び替え
2件中 1-2件表示
並び替え
2件中 1-2件表示
ページのトップへ戻る
お問い合わせ受け付けております。平日 9:00~17:00 TEL 0944-88-8126