清力美術館でソファーを撮影しました

●青木繁も滞在した清力美術館

大川市の北部、久留米市城島町と接する地域は古くから酒造りが有名な地区です。
そこに明治41年清力酒造株式会社の事務所として建てられたのが、現在の清力美術館です。建物はヨーロッパの古典様式を取り入れ白い外観とコバルトグリーンのインテリアが特徴的な鹿鳴館スタイル。久留米出身の放浪の洋画家であり「海の幸」で有名な青木繁も晩年にはここに8ヶ月間滞在し、最後の大作「漁夫晩帰」を書き上げたと言われています。

●クラシックとモダンのコーディネート

この大川の素敵な建物でソファーの撮影を行いました。撮影したのはシンプルモダンなスタイルの「アリア」ソファーと、ネオクラシックスタイルの「ワンダー」。

クラシカルな建物ですのでネオクラシックスタイルとの相性の良さはもちろんですが、金属の脚で全体的に細めのシェイプのアリアのシンプルモダンスタイルもとてもよく合いました。クラシカルな建物にシンプルモダンのソファという組み合わせは異質に思えるかもしれませんが、実際には見ての通りとてもスタイリッシュに空間に違和感なく溶け込んでいます。異なるスタイルを組み合わせるのもインテリアコーディネートの楽しみですね。


ネオクラシックスタイルのワンダー


シンプルモダンスタイルのアリア

こちらの清力美術館は現在は大川市立となっており、なんと入館料は無料。展示してる近代絵画はもちろん建物に入れば明治大正モダンのレトロな雰囲気にタイムスリップ気分を味わえます。もちろんインスタ映えすること間違いなし。大川へお越しの際には、ぜひお寄りしてみてはいかがでしょうか。

→大川市立清力美術館の詳細はこちら



ワンダー 2人掛けソファー
128,000円



アリア 3人掛けソファー
171,000円


素敵な家具がたくさん! オオカワ・スタイル ECサイトはこちら

狭い部屋でも置けるコンパクトでおしゃれなドレッサー

●リラックスできるおしゃれなドレッサー

バタバタの朝の準備。だけどメイクは洗面台ではなくて、できればドレッサーに座ってリラックスしてしたいものですね。また、メイクだけでなく、ちょっとノートPCを使える場所だったりデスク替わりの場所としてもドレッサーがあると便利です。

ただ、限られたスペースの中でドレッサーを置くのはなかなか厳しいものです。このドレッサーは、大きなミラーを持ちながらも、幅73cm、奥行き44cmと本格的なドレッサーとしてはとてもコンパクトなサイズ。そして、十分に広いスペースの天板があるのでメイクの場所というだけでなく、デスク替わりの場所としても十分に使用できます。さらにどんなお部屋にも合わせやすい、ベーシックながらもとてもおしゃれなデザインが特徴的。ベッドルームはもちろん、リビングに置いても違和感がないおしゃれなドレッサーです。

●日本製・大川家具だから安心の健康仕様

メイク道具や化粧品を収納する引出しもたっぷりと付いています。2口コンセントも付いているので、ドライヤーやヘアーアイロンはもちろん、デスクとしての使用時のPCの電源やスマホの充電などにも便利ですね。専用のスツールも付いていて、使用しないときにはドレッサー内に完全に収納できるので、狭いスペースでもスツールがはみ出して邪魔になるということもありません。

素材は優しい木目とぬくもりを感じる手触り感が特徴の天然木アルダー無垢材を使用しています。自然塗料で仕上げており、また接着剤などもホルムアルデヒドをほとんど含まないフォースター仕様。寝室に置くドレッサーだからこそ、小さいお子様がいても心配がない健康仕様のドレッサーです。まさに、日本製・大川家具だからこその安心のドレッサーですよ。

製造メーカーは、最近人気急上昇中の高野木工です。

商品ページはこちら!


ナチュラル 73cm幅ドレッサー
51,800円


素敵な家具がたくさん! オオカワ・スタイル ECサイトはこちら

名作キャビネットが復刻

●そこにあるだけでお部屋がアートな空間に

4枚の扉が付いた、いたってシンプルなデザインのキャビネットですが、その4枚の扉がまるで渦巻のように配置されていることで驚くほどおしゃれで、そこにあるだけでお部屋がアートな空間に変わってしまうキャビネットです。

●20年の時を越えて復刻した名作キャビネット

このキャビネットは20年ほど前に青山や目黒のインテリアショップで大人気だった「スパイラル」という名の名作キャビネットでしたが、製作メーカーの廃業に伴いこのキャビネットも惜しまれながら廃番となってしまいました。実は「スパイラル」キャビネットは、現在コンフォートスタイルが外部デザイナーとして契約している原デザイナーがデザインを請け負っていたものでした。原デザイナーは柳宗理のバタフライスツールなどの製作で有名な山形の天童木工出身。ちょっとウィットに富んだデザインが特徴的です。その原デザイナーから、「スパイラル」キャビネットを復刻してみてはどうだろうかとの提案をいただき、20年の時を経て名称も「スパイラル」から「ナルト」と変更し復刻販売いたしました。

素材にはウォールナットとホワイトオークを用意。外装は天然木突板仕上げですので、量販店で販売されているような家具とは一線を画す素材感を感じます。

製作メーカーのコンフォートスタイルは生松工芸の直販専門ブランドですが、生松工芸はもともと書棚メーカーから始まっているのでキャビネットは特に得意な分野としています。

商品ページはこちら!


ナルト 85cm幅キャビネット
73,400円



ナルト 100cm幅キャビネット
63,600円


素敵な家具がたくさん! オオカワ・スタイル ECサイトはこちら

スペースを取らず使う時だけ瞬時に変身するデスク「畳むんデス」

●奥行きたった18.5cmの変身デスク

自宅で仕事や調べものなどでちょっとパソコンを使えるスペースが欲しい。また、リビングにちょっとした勉強スペースが欲しい。そんなニーズがあっても、特に都会のマンション生活などではなかなかスペースが取れないですよね。だから、普段はスペースを取らずコンパクトに収納できて、使う時だけデスクに変身する、そんな便利なデスクあればいいな・・・と考えますね。

実は、そんな便利なデスクがあるんです。使うときは広げて、使わないときは畳んでコンパクトに。その奥行きはなんとわずか18.5cm。そんなユニークな収納型デスク、その名も「畳むんデス」。

●わずか15秒でデスクに!

扉を90度に開いて天板を持ち上げ、天板の支えとなる脚部のパネルを開いて天板を乗せるだけ。変身に必要な時間はわずか15秒です。収納部には本や雑誌を立て掛けて置けるスペースもあり、PCや照明のための2口コンセントもついています。折り畳み時のサイズは、幅80cm、奥行18.5cm、高さ92cmの薄いコンパクトサイズ。広げて使用する際の天板の奥行きは43.5cmあるので、PCでの作業や読書、ちょっとした勉強であれば十分なサイズです。

製作しているメーカーはヨコタウッドワーク。創業60年を越す、大川では数少ない木製デスクの製造一筋のメーカーです。

商品ページはこちら!


折り畳み収納デスク 畳むんデス
43,500円


素敵な家具がたくさん! オオカワ・スタイル ECサイトはこちら

リビングに最適なおしゃれチェスト

●見えない収納でリビングをすっきりと

ついついものが増えてしまうリビング。だからリビングでは上手に収納を考えたいところですね。ただ、大きなキャビネットなんかで収納のためにスペースをとって室内に圧迫感が出たり、そもそもゆっくりしたいリビングが狭々しくなってしまうのは本末転倒ですね。そんな時におすすめのリビングチェストがこちらの「ノステラ」チェストです。

チェストタイプですので、それぞれの用途に応じて引出しに小分けして収納することができますし、収納しているものがごちゃごちゃと見えないのでリビングがすっきりと片付きます。また、この無垢材を丁寧に削り出したオリジナルの取っ手部分には収納物のネーム札を入れることができるので、どこに何を収納しているのかが一目瞭然です。

●そこにあるだけでお部屋をとてもおしゃれに

そして、このデザイン。収納するための家具という役割だけでなく、このチェストがそこにあるだけでお部屋をとてもおしゃれにしてくれます。素材としては天板や前板、脚部にいたるまで、天然木のウォールナット無垢材を贅沢に使用しています。ただ、これだけデザインがおしゃれだと、ネーム札も頑張っておしゃれに作らなきゃならないですね。

製作メーカーはレグナテック。「Classe」というブランドを展開している大川のお隣、佐賀市諸富町にあるメーカーです。とにかくデザイン性が高い家具を製作しているので、全国のインテリアショップから引っ張りだこのメーカーです。

商品ページはこちら!


ノステラ 30リビングチェスト



ノステラ 80リビングチェスト



ノステラ 140リビングチェスト


素敵な家具がたくさん! オオカワ・スタイル ECサイトはこちら

丸い天板が繋がった可愛さ満点のほっこりテーブル

●シーンに応じて使い方いろいろ バルーン リビングテーブル

友人が多い人は、お家に大勢の人が訪れてリビングでゆっくりとお話ししたいというシーンがあると思います。そんな時、伸長式のリビングテーブルなんかがあると便利ですね。ただ、実際にはリビングテーブルで伸長式というのはほとんどありません。

こちらのバルーン リビングテーブルは、丸い天板が繋がったとてもかわいいリビングテーブル。その最大の特長は天板を畳んでしまえば天板一枚分のスペースに。そして広げれば2枚、3枚と大きく使うことができるんです。また、広げた形も使い方に応じて自由自在なうえにとてもおしゃれ。用途やシーンに合わせてバリエーション豊かな使い方を楽しめる、まさにアイデアが詰まったリビングテーブルですね。

そして、何といってもこのかわいいデザイン。ブームに流されることのないデザインなので、ずっと使っていても飽きが来ることもありません。こんなテーブルがリビングの中央にあるだけで、お部屋が一味違ったおしゃれな空間になることは間違いありませんね。

●あたたかみのある天然木の3つの素材

天板は天然木を薄くスライスし基材のMDFに貼った天然木ツキ板を丁寧に塗装仕上げしているので、人工の素材には出せない暖かみのある素材感を楽しむことができます。優しい木目で人気のアルダー、ナチュラル感たっぷりのホワイトオーク、シックな色合いで人気のウォールナットと、素材も3種類を用意しています。

●最近注目されているメーカー 高野木工が製作

製作メーカーは高野木工。大川市のお隣の筑後市にある老舗メーカーです。最近はおしゃれなインテリアショップでの取り扱いも増えている注目のメーカーです。筑後市の工場横にはファクトリーストアも併設しているので、お近くの方はぜひお越しください。

商品ページはこちら!


バルーン リビングテーブル


素敵な家具がたくさん! オオカワ・スタイル ECサイトはこちら

無垢ダイニングテーブルの魅力

●ちょっとこだわるなら無垢ダイニングテーブル

家の中でもダイニングというのは家族が集い食事をしながら会話を楽しむ特別な場所ですね。そんな特別な場所だからこそ、ダイニングテーブルにはちょっとこだわってみてはいかがでしょうか。こだわりのダイニングテーブルといえば、天然無垢材のテーブルがおすすめです。

天然無垢材というのは、ほんものの木材そのままを削り出したものです。安価なテーブルであればメラミンなどの木目調の人工的な素材を貼り合わせたものだったり、天然木の場合でも木材を薄くスライスして貼り合わせた突板を使用している場合がほとんどです。メラミンや突板の天板は、どうしても丈夫さという点では無垢材にはかないません。実際、無垢材で作られた家具は、その木材が成長した時間だけ使うことができるといわれています。となると、無垢のダイニングテーブルは少なくとも40~50年。しっかり手入れして使えばもっと長く使うことができるので、まさに一生使い続けることができるダイニングテーブルです。

●ついスリスリしたくなるあたたかな手触り感

また、無垢材の魅力的なところは普段使っていればどうしてもついてしまうキズが、単なるキズではなく味となることです。無垢のテーブルは、キズがついてもそれが単純に古さや汚さを感じることがありません。家族の成長とともに、いろんなキズが思い出となって楽しめる、それが無垢テーブルの魅力なんです。さらにオイル仕上げであれば、表面をサンドペーパーで磨いてメンテナンスオイルを塗れば、まるで新品のようにきれいに蘇ります。

ついスリスリしたくなるような天然木のあたたかみを感じる無垢のテーブルなら、食事もより一層おいしく感じることができ、また優しい時間になるのではないでしょうか。安価なダイニングテーブルでは、無垢のようなあたたかみを感じることができませんし、何より古くなれば買いなおさなければならないから結局はそれなりの金額となってしまいます。無垢のダイニングテーブルであれば、最初はちょっと高価ではありますが一生使い続けられるものですし、家族の思い出をずっと楽しむことができる、そんな場所になりますよ。

商品ページはこちら!


ビストロ ダイニングテーブル


素敵な家具がたくさん! オオカワ・スタイル ECサイトはこちら

日本の職人がつくる北欧モダンスタイルのソファー

●人気の北欧モダンスタイルのソファー

北欧モダンといえば、アルネ・ヤコブセン、ハンス・J・ウェグナー、フィン・ユールなど錚々たるデザイナーたちによって生み出された家具が世界中で人気です。北欧の冬は長く家の中で過ごす時間が多いために、インテリアに対するこだわりが強くなっていったことが優れたデザインの家具や照明を生み出した背景にあると言われます。そんな北欧モダンのスタイルは長く日本でも人気で、正規品だけでなく海外で安く作られたリプロダクト品も数多く出回っています。

●日本人向けにデザインされたソファー

今回ご紹介するソファー「ピロー」はそんな北欧モダンの流れを意識したデザインですが、あくまでも日本人のための仕様です。体格の大きい北欧の人に比べて日本人は小柄なので、北欧家具そのままのサイズではけして座り心地がいいとは言えません。このソファーのデザイナーは原氏。彼は山形の天童木工出身のデザイナーなので、もしかしたら北欧に近い気候で過ごした経験からインスピレーションを得たのかもしれませんね。

●腰を支えることで快適な座り心地を実現しました。

北欧モダンスタイルのソファーは、そのサイズとデザインから座った時に腰の後ろに空間が開いてしまうものが多くあります。そのような体勢で長時間座っていれば、腰に負担がかかってしまい長時間座っていることができませんね。「ピロー」ソファーは、その名の通り腰にあたる部分が枕のような形状になっており、座った時にできる腰の後ろの空間を埋めてくれます。そのために腰がしっかりと支えられて、見た目よりもとても快適な座り心地を実現しました。実際に座ってみると、見た目と座り心地のギャップに驚かれると思います。

●50通りの組み合わせからあなただけのソファーに!

張地は本体部分が5色、腰部分が5色、それぞれ組み合わせが可能、さらに木部はウォールナットとホワイトオークからお選びいただけます。その組み合わせは50通り。あなただけのお好きなソファーを楽しんでください。

商品ページはこちら!


ピロー 3人掛けソファ 135,000円


素敵な家具がたくさん! オオカワ・スタイル ECサイトはこちら

第9回 春の大川木工まつり開催されます!

今年も恒例の春の大川木工まつりが近づいてきました。

もともと10月に開催されてきた秋の大川木工まつりはすでに60回以上開催されてきましたが、需要期である春にも開催してほしいというお客様からの要望で、4月にも開催されるようになって今年が9回目。

会場である大川産業会館には約200社のメーカーや問屋のブースが所狭しと設営され、工場直販価格での販売やアウトレット品などお買い得の家具がたくさんです。

ぜひ、4月14、15日は大川へお越しください!

●会場へのアクセス

車でお越しの方  ※ 会場周辺に無料駐車場有(約1700台)
   九州自動車道八女インターから約25分
   長崎自動車道東背振インターから約30分

電車でお越しの方
   西鉄柳川駅より無料シャトルバス運行(30分間隔)


素敵な家具がたくさん! オオカワ・スタイル ECサイトはこちら