読み物

ちょっと伝えたい

メニューを閉じる
オオカワスタイル
マガジン
メディア紹介実績
スタッフブログ
記事カテゴリ
木材について
環境保全
産地について
商品について
ソファ
メーカー

大型家具配送料金 大型家具配送全国一律無料 全国一律無料 開梱·設置料金無料! ※一部条件がございます

お問い合わせ

0944-88-8126 0944-88-8126
平日 9:00 ~ 17:00
土日祝日はお休みです。
WEBからのお問合せ ▶ 365日24時間受け付けております。対応は翌営業日以降となりますのでご了承ください。

メニューを閉じる

針葉樹と広葉樹

家具づくりに欠かせない木材。国産家具というからには国産材を使って作られているのでは?と思われる方もいらっしゃるかもしれません。
実は当社で製造している家具の材料は輸入材です。それには理由があるのですが、その理由についてお話します。

家具づくりに向かない針葉樹

日本では主に杉やヒノキといった針葉樹が建築材として植林されてきました。広葉樹に比べ生長速度が速く計画伐採に向いていたためです。
一般的に40~60年ほどで資材として使えるようになります。
針葉樹の特徴として水分が少なくそのため幹の繊維が詰まっておらず柔らかく軽いものになっています。
割れや反りにも弱く、家具材として使うには難しかったので、当社では国産の針葉樹での家具製作は展示用くらいでしかしてこなかったのが実情です。

家具づくりに適した広葉樹

日本では針葉樹が広く植林された反面広葉樹はあまり植林されてきませんでした。日本ではサクラやカエデなどが広葉樹の代表格ですが、生長速度は針葉樹の1/3~1/4程度で資材として使えるためには150~200年ほどかかると言われています。
このような理由で、日本では広葉樹は少なく家具材に利用できる国産材は限りがあるため、輸入材に頼ることになったのです。
広葉樹の特徴としては幹の機密性が高く、硬く重いという特徴があります。そのため割れや反りも少ない広葉樹は家具づくりによく使われる木材となっています。

北米原産のコントロールされた木材

当社で作られる家具の材料は北米産のものです。理由は成長量と伐採量が適切にコントロールされているからです。
木材は自然に育っているようで実は多くの手入れがなされています。良い木材に仕上げるためには間伐や枝打ちなどが欠かせないからです。
そうやって森を育て手をかけることで良質な家具に欠かせない木材ができるのです。

木を使う産業は自然とともにある産業

私たちの産業は木を使う産業です。しかしそれは自然を破壊することではなく、手をかけて森を育て、もたらされる自然の恵みを無駄なく使って家具を作る。
いわば自然とともにある産業です。長く使える丁寧な造りをした木のぬくもりを感じられる家具は自然を生かし育てることにつながると私たちは信じています。

follow-me
instagram twitter
お問い合わせ

平日9:00~17:00 土日祝はお休みです。
TEL0944-88-8126
0944-88-8126 お問い合わせ
大型家具配送料金 全国一律無料(開梱・設置料金含む) ※一部条件がございます