読み物

ちょっと伝えたい

メニューを閉じる
オオカワスタイル
マガジン
メディア紹介実績
スタッフブログ
記事カテゴリ
木材について
環境保全
産地について
商品について
ソファ
メーカー

大型家具配送料金 大型家具配送全国一律無料 全国一律無料 開梱·設置料金無料! ※一部条件がございます

お問い合わせ

0944-88-8126 0944-88-8126
平日 9:00 ~ 17:00
土日祝日はお休みです。
WEBからのお問合せ ▶ 365日24時間受け付けております。対応は翌営業日以降となりますのでご了承ください。

メニューを閉じる

家具の作り手としてのSDGs

最近良く聞く言葉SDGs。これは持続可能な開発目標のこと。
持続可能とは、資源に配慮し永続的にものごとが続くこと。
私たちの会社がある大川市という町は、木材の集積地ではありますが、産地ではありません。
山や森が大川にはないのです。

その中で今まで集まってきた木材資源に対しての持続可能性について、その木材を使用して家具づくりを行う立場として責任を果たしてこられたのか?はもう一度考える必要があると考えています。
そこで私たちのできる持続可能な開発についての取り組みをご紹介させていただきます。

流行りに応じた安易な樹種選定を行わない。

私たちが家具づくりに使用している木材は、全て需給バランスが取れた計画伐採が可能な木材ばかりです。
チークやマホガニーなど家具の分野で非常に人気の高い樹種もあります。
しかし私たちは安易にそういった樹種を選ぶことはしません。環境に配慮し、伐採量が植樹量を超えない樹種をしっかりと選定して利用しています。

長く使える良質な家具づくり

私たちの家具は一つひとつ、職人が丹精を込めて作ったものです。外国産の安価な組み立て家具と違い、使い捨てではなく何十年としっかりと使えるものばかりを提供しています。
安価な組み立て家具は壊れやすく、その場合廃棄されます。それは廃棄される度に貴重な木材が失われているのと同じことなのです。
私たちはそのようなことが起こらない家具だけを厳選してお客様のもとへお届けします。お客様が高品質の国産家具を大切に使っていただくことは、それだけでSDGsへの取り組みと呼べるのではないでしょうか?

 

歩留まりを意識したモノづくり

残念ながら木材の100%をロスなく家具づくりに使えているわけではありません。どうしてもモノづくりをする場合には、材料のロスが生じてしまいます。
材料に対して、どのくらい製造に使えたか?ということを意味する言葉で「歩留まり」という言葉があります。
木取りと呼ばれる工程から始まる木材をカットする工程では全ての職人がこの「歩留まり」を意識し、なるべく無駄が出ないようにモノづくりに取り組んでいます。
またどうしても出てしまう端材を使った商品も開発し、材料のロスの削減に取り組んでいます。

 

おがくずでさえも再利用

近隣の畜産農家と提携し、製造の過程で生じるおがくずは廃棄せずに引き取っていただいています。
牛舎を常に清潔に保つため、毎日おがくずを入れ替えて敷き詰めているそうです。
モノづくりに携わる者として、私たちはこのような取り組みにも積極的に関わってまいります。

持続可能な開発

モノづくりを行う上で、私たちは地球資源の利用をするという行為から無縁ではいられません。
大切なことはその限りある資源をいかに活用し、次世代に繋げていくかということ。
私たちの取り組みはまだ始まったばかりであると言えますが、持続可能な開発を達成するため、今後も新しい取り組みに挑戦してまいります。

follow-me
instagram twitter
お問い合わせ

平日9:00~17:00 土日祝はお休みです。
TEL0944-88-8126
0944-88-8126 お問い合わせ
大型家具配送料金 全国一律無料(開梱・設置料金含む) ※一部条件がございます